ウォーターサーバーと整水器を徹底比較

おいしい水で健康な生活を手に入れたいあなたに送るサイト

生活に不可欠なお水をよりよくするために

ウォーターサーバーってなに?

ウォーターサーバーというのは、ざっくりいってしまうと「お水を出してくれる機械」のことです。
そのままじゃん!と思う方もいると思いますが、本当にそのままなんです。
ですが、もちろんただただお水を出すだけでは水道水とあまり変わりがありませんよね。
日本国内で「ウォーターサーバー」と呼ばれる物の多くは、提供してくれる会社から機械をレンタルして家や会社に置いて、提供するお水を購入するというシステムがほとんどです。
そのお水の種類は会社によって様々で、日本の有名な湧水地から汲んできた天然水を提供している会社もあれば、RO水という水道水をろ過膜という膜で処理して綺麗にしたお水を売っている会社もあります。
また、サーバーから出てくる水を冷やしてくれたり、逆に熱くして出してくれたりという機能がついているものが多いです。
子供がいる家庭向けに、やけど防止のチャイルドロックがついているものもあるんですよ。

ウォーターサーバーのメリット・デメリット

ウォーターサーバーのいいところは、水道水ではできない品質のいいお水を日常的に使えるというところでしょう。
また、いつでも好きな温度で出してくれるので使い勝手がいいです。
会社によって大きなボトルで出していたり、丈夫な袋に入れていたり、水のタンクを足元に設計したりと工夫のバリエーションが多いので選択肢もたくさんあります。
飲み水のほか、料理に使ったり、ペットの飲み水にする人もいるそうです。
デメリットとしては、衛生的な問題から、こまめに水の出し口などの手入れをしたり、定期的にサーバーのメンテナンスをしなくてはならないところ。
また、サーバーを借りている会社以外のお水を入れることはできないので、予定より多く使ってしまって届くまでの間飲めないということがあったりと、そこは少し融通をきかせづらいです。


この記事をシェアする