ウォーターサーバーと整水器を徹底比較

おいしい水で健康な生活を手に入れたいあなたに送るサイト

整水器に迫る!どうやって使えるのか検証!

整水器っていったい何?

水を整える、と書いて整水器。
とはいうけど、水を整える機械っていったいどんな機械なんだろう…。
とお思いの方もいらっしゃるでしょう。

整水器というのは、家庭の水道水を濾過した後に電気分解して提供してくれる機械のことです。
ろ過することによって不純物を取り除く、というところまでは家庭用の浄水器とほぼ一緒なのですが、整水器のポイントはその後に水を「電気分解」しているということです。
この電気分解によって、通常の中性から弱酸性だと言われている水道水の水質を調整してアルカリ性にして出してくれるのが整水器の最大の特徴だと言えます。
機械にもよりますが、アルカリ性にする度合いも調整できるものが多くで回っているようです。

整水器のメリットとデメリットは?

整水器のメリットとデメリットはいったいなんなのでしょう?
実は整水器は厚生労働省の家庭用管理医療機器の承認を受けていて、胃腸症状がよくなる効果が認められています。
整水器で調整された水によって、胃のもたれや便通が改善されるという効果について認証を受けています。

デメリットとしては、飲む人や場面が限られる点と、設置におけるハードルの高さがあります。
整水器の水は腎臓に持病のある人は飲むことができません。
もし腎臓に持病のある人が飲むと、これらの成分をうまく処理することができず、体調を崩す元になってしまいます。
また、そうでなくともアルカリ性が強すぎる水は1日にたくさん飲みすぎたり、薬を飲むのに使ったりすると体調を壊す原因になります。

次に設置のハードルですが、整水器は基本的に高価なものが多いです。
また、設置の際も工具の取り付けなどの作業が多いので少し手間がかかるので人によっては大変に感じるかもしれません。


この記事をシェアする